副業本せどらー 杉山カピバラのブログ

【本せどり】先日 久しぶりに評価1をもらいました!

読了までの目安時間:約 4分

 

評価1の理由は、やはり書き込みでした!

先日、久しぶりに評価1をもらいました。

理由はやはり書き込みありでした。

私の経験上、書き込みのある本を説明欄に載せずに出品して販売した場合かなりの確率で評価1をもらいます。

私の場合、悪い評価のほぼ7割ぐらいが、書き込みに対しての低評価です。

つまり、書き込みのある本を出品しないように、検品の段階でしっかりチェックできていれば低評価の7割は抑えることができるということです。

書き込みのある方は基本仕入れてはいけない!

書き込みのある方は、仕入れるべきか、仕入れないべきか!

私の場合は書き込みのある本は基本、仕入れをしません。仕入れをしてはいけないと思っています。

リサーチをして仕入れをしていると少し書き込みがあるのだけれども、ランキングもよく利益も取れる、そういった本に出会うことがあります。

その場合、せどらーの心理としては説明欄に載せて販売してみようとか、いい方向に考えて仕入れしたくなってしまうものです。

私も以前、書き込みがあっても利益が大きい本は買っている時期がありました。

ただ、そうやって買った本がなかなか売れなかったり、出品時の検品で説明欄に記載するのを忘れてしまって悪い評価をもらったりと、あまりいいことがないので、私は書き込みのある本は利益があるない関係なしに仕入れない事と決めました。

仕入れなければ出品もしないし、出品しなければ悪い評価も来ませんので書き込みがあったら諦めて次の本をリサーチした方がいいと私は考えます。

書き込みの検品ミスをなくす方法!

書き込みのある本を仕入れないと決めても本を棚から抜き取ってチェックする段階で書き込みを見落としてしまったら、仕入れてしまうことになります。

出品の際の検品で分かれば、商品説明欄に載せることもできますが、見落としてしまえば書き込みのある本を販売してしまうことになります。

囲みの検品ミスをなくすにはしっかりチェックするしかないのですが、本の側面を見ると、ページの角が折ってあるある本があります。そういった本は書き込みがしてある確率の高い本ですので、必ずチェックしましょう。

また、付箋が貼ってある本も同じように書き込みがある確率が高いのでしっかりチェックしましょう。

そして参考書や問題集のような書き込みがありそうな本はしっかりチェックしてる検品ミスを無くしましょう。

参考書や問題集は書き込みの比率が他の本と比べると高いので、私はあまりリサーチしないようにしています。

本せどりを始めたばかりは、悪い評価をもらうのが、かなりのダメージになりますので、初めたての人は参考書や問題集はとりあえず回避して、他の本をリサーチすることをおすすめします。

まとめ

書き込みのある本は悪い評価をもらう確率がかなり高い

書き込みのある本は基本仕入れない方がいい

本の側面を見て、ページの角がおってある方が書き込みのある確率が高い

付箋を貼ってある本も書き込みがある確率が高い

本せどりを始めたばかりの頃は悪い評価をもらわないようにするために参考書や問題集といったリスクの高い本は仕入れしない方が良い

しっかり検品して出品しましょう!

では、また、カピバラ

 

未分類   コメント:2

この記事に関連する記事一覧

コメントは2件です

  1. N より:

    こんにちは。

    角折れがあっても仕入れないですか?

    • capybara より:

      紙面の折れは仕入れします。ただし、説明文には折れがあることを記入しないとクレームになります。

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る