副業本せどらー 杉山カピバラのブログ

副鼻腔炎の手術を受けるため糖尿病の私は断糖生活をしています!

読了までの目安時間:約 6分

 

糖尿病患者は手術を受ける前、A1Cを下げないといけない!

私は3月に副鼻腔炎の手術を受けます。先日、副鼻腔炎の手術を告げられた際、先生からA1Cが少し高いことを指摘され手術までにA1Cを少し下げるように言われました。

A1Cを下げないといけない理由はA1Cが高いと手術後の治りが悪かったり、化膿したりすることがあるので手術前までに少しでもエイ・ワン・シーを下げないといけないとのことでした。

私は以前、歯を抜く際、糖尿病という理由で通院している医者では抜歯してもらえず、大きな病院に紹介され抜歯をしました。

紹介された病院では、今すぐ抜歯をするのではなく1ヶ月後に抜歯すると言われ、それまでにA1Cを頑張って下げてくださいと言われました。

ですので、今回も副鼻腔炎の手術をした方がいいと言われた時に先生からエイ・ワン・シーを下げるよう言わることは事前に予想していました。

ただ、私は抜歯の際、短期間でA1Cを劇的に下げることに成功した経験があります。ですので、今回も手術までにA1Cを下げることができると確信しています。

A1Cを下げる方法は、ただ一つ、断糖です。

私が糖質制限ではなく、断糖をする理由!

糖質制限という言葉はよく耳にすると思いますが、断糖という言葉はあまり聞かないと思います。

糖質制限はご飯やパン、麺類などの糖質多くを含む食品の食べる量を制限する食生活に対して、断糖とは一切の糖質を断ち切る、食生活のことを言います。

私は以前、歯の抜歯をする際、1ヶ月間の、断糖生活でA1Cを健康な状態まで一時的ではありますが下げることに成功しました。

私が糖質制限ではなく断糖を選択した理由は、私は意志が弱く、糖質を制限して食生活を送ることができないからです。

糖質には中毒性があり、1度食べるとまたすぐ欲しくなったり、糖質を摂っていると次から次へと、まだ欲しいまだ欲しいという欲求に駆られてしまいます。

糖質は嗜好品だと私は考えています。

タバコやお酒も中毒性がありますが、禁煙や禁酒をしている時に1本のタバコ、1杯のお酒を飲んだがために、今までの努力が台無しになる、こんな経験をしたことはないですか?

糖質制限も一緒も禁煙禁酒と同じです!

私も10年前に禁煙した時に少しずつ減らすという禁煙方法を何度試しても全て失敗に終わったという経験から、

糖質制限では継続することが非常に難しいと考える断糖という方法を取り一切の糖質を取らない選択をしました。

前回の抜歯の際の成功体験があるので、今回も必ずA1Cは下がると確信しています。

私が10日間 断糖生活をして感じたこと!

私は断糖生活をして、10日間が経過しました。

今回の断糖生活、10日間を振り返って一番感じたことは、最初はきついけど、だんだんと断糖生活は慣れてくるということです。

本当に辛かったのは、最初の3日間で、それ以降は慣れていきました。

今では特に糖質が欲しいとは思わなくなっています。

びっくりしたのは、野菜を食べた時に今まで感じなかった、野菜の甘みを敏感に感じるようになったことです。

また、料理を食べている時もこの料理の調味料に砂糖が入っているかどうかというのが、食べた瞬間にある程度分かるようになりました。

体重も10日間の断糖生活で4キロから5キロぐらい落ちました。

前回、断糖生活をした時も同じでしたが、断糖を始めると最初の1週間から10日くらいで体重が大きく落ちます。私の場合は3キロから5キロぐらいです。

その後1週間で1キロぐらいずつ落ちていく感じです!

断糖生活は最初の3日がきついですが、3日経つと禁断症状もなくなりかなり楽になります。

もしも自分が、糖質制限という方法をとっていたら、おそらく制限することができず、糖質を普段通り食べてしまっているか、食事の合間に間食で糖質を取ってしまうような行動をとってしまったと思います。

断糖生活を選んで良かったです!

断糖生活を選んだので、最初の3日だけきつかったんですが、それを乗り越えたことで手術まで断糖生活を続けることができると、今は思っています。

まとめ

副鼻腔炎の手術を受ける糖尿病患者は、A1Cが高いと手術後の治りが悪かったり、化膿する可能性があるのでA1C下げる必要がある。

A1Cを下げるには、糖質制限か、断糖の2種類の方法があるが、私は断糖生活をオススメします。

断糖で一番大変なのは、最初の3日で3日を過ぎればかなり楽になってくる。

断糖して、10日間で私は5キロ体重が落ちたが、断糖生活2回目の私の経験でお話しだしてもらえれば、

最初の10日間である程度、3キロから5キロ程度体重が落ち、その後は1週間に1キロのペースで体重が落ちていく。

手術まであと2週間、断糖生活を継続してA1Cを0.1%でも多く下げるように頑張ります

ではまた、カピバラ

 

副鼻腔炎   コメント:1

この記事に関連する記事一覧

コメント1件

  1. 突然のメッセージ失礼いたします。
    株式会社オータムリサーチの小山と申します。

    弊社は千葉県にある市場調査会社でして、
    日頃より医療機器や医薬品分野の企業のマーケティング支援を行っております。
    このたび、鼻ポリープに関するインタビューを企画しており、
    ご協力を賜れないかと思いご連絡させていただきました。
    提供いただく情報は今後の薬剤開発や治療のための参考とさせていただき、
    すべて機密として取り扱われその他で利用することは一切ございません。
    お名前等の個人情報が外部に出ることも一切ございません。
    ご興味をもっていただけるようでしたら、ご連絡いただけましたら幸いです。

    ■ テーマ : 治療実態及びメッセージ評価
    ■ 方法・時間 : 電話インタビュー 約60~75分 *カメラ付きのPCを使用します。
    ■ 実施日程 : 3月25日(月) ~4月12日(金)
    ■ お 礼 : 12,000 円 
    ■ご協力いただきたい方
    ・中程度以上の鼻ポリープと診断されて2年以上経過されている18歳から67歳までの男女
    ・ステロイド点鼻薬と経口コルチコステロイドを処方されている方
    ・直近1年間で3回以上経口コルチコステロイドを処方されている方
    ・鼻ポリープの治療として副鼻腔手術を2年以内に受けた方
     もしくは受ける必要があるがまだ手術を受けていない方
    ・6ケ月以内に鼻ポリープの調査に参加されていない方 
    ・事前のご質問(5分程度)にご回答いただける方
    ・分析のため録音にご了承いただける方 

    突然のご依頼で大変恐縮ではございますが、ご検討いただけますと幸いです。
    ご不明点等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

    株式会社オータムリサーチ
    千葉県船橋市習志野台1-31-8-201
    047-497-8656
    med@autumnresearch.jp

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る